■緑内障の点眼薬について


緑内障は40歳以上に多く見られる病気で、発症した後は、長期的な治療が必要となります。主な治療は点眼薬での治療で、現在日本で処方されている点眼薬は7種類に分けられます。

●プロスタグランジン製剤
●抗コリンエステラーゼ薬
●炭酸脱水酵素阻害剤
●交感神経刺激薬
●β遮断薬
●副交感神経刺激薬
●α1遮断薬

症状の進行度や、緑内障の種類などによって、どの種類点眼薬を使うのか、また、1種類の点眼薬にするのか、2種類以上の薬を併用するのかなどを決めます。

また緑内障の薬は、緑内障のタイプや個人差によって、効く場合と効かない場合があるので、目に合った薬が決まるまで薬を変えることがあります。実際には交感神経遮断薬とプロスタグランジン関連薬が多く使われています。ただし、薬を増やし過ぎると、結局は点眼できなくなったり、点眼薬による悪い影響が増幅されることになるので、2〜3種類の薬を併用し、しばらく続けても十分な効果が得られない場合、レーザー治療や手術を選択することになります。

交感神経遮断薬は、その作用する機序により、喘息の誘発・悪化や心臓病の悪化などの副作用が起こることがあるため、その危険がある人には禁忌(薬によっては慎重投与)ということになっています。プロスタグランジン関連薬は、交感神経遮断薬と併用するとさらに効果的です。ただし、この組み合わせにより角膜に傷がつくことがあり、注意が必要となります。点眼薬は正しく使わなければ、充分な効果が出ないばかりか、緑内障が悪化する場合もあります。

例えば、点眼の仕方が悪くてきちんと目に入らなかったり、また瞬きのしすぎや涙のために、点眼薬が洗い流されたりしてしまうことが多いものです。点眼する時間を間違えても、緑内障の悪化につながることがあります。点眼の間隔が短すぎたり長すぎたりしても、充分な効果は得られません。

 ■視力回復に効果あり!口コミ人気ランキング


1位 【 川村博士の視力回復法”ジニアスeye" 】
・ロングセラーには訳がある!14日間で0.3を1.2にする方法とは?!
 今もっとも人気の視力回復プログラムです♪
・あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な視力回復の第一人
 者が手術を一切しないで、視力を回復させる方法を大公開!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆       >>詳細を見てみる

2位 【 1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法 】
・あの卓球の愛ちゃんも取り入れている最新手法が2位に!
・1日13分、たった2ヶ月で視力をアップさせる方法です。
・6年間で987人の子供の視力を0.8以上回復させた実績あり♪
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

3位 【 楽々!視力アップマニュアル&トレーニングキット 】
・視力アップする為の原理原則がマスターできます!
・特に、お子さんの近視に悩むご両親の方から非常に高い人気。
・トレーニングキットがついているのも嬉しいですね。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

人気NO.1!!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"
↓↓↓↓↓↓↓↓↓




■本サイト人気コンテンツ


★ 緑内障の主な症状と注意点
主な症状として、視野狭窄や視野欠損などの視力喪失と、目の痛みや頭痛があります。視野狭窄は視界が外側から狭まっていく症状で、末期になると中心部しか見えなく・・・ 続きを読む

★ 緑内障の漢方治療の概要
漢方での緑内障治療は、緑内障の眼圧が上がる原因である過剰の房水を適度に減らすという考えから、「水毒」に対しての漢方薬を用います。漢方で用いられる利水剤は・・・ 続きを読む

★ 原因が特定しにくい緑内障
緑内障の原因は、前房内の房水が隅角からうまく排出されず眼球内の圧力が高くなること、とされています。ではなぜ眼圧が高くなってしまうのかというと、直接的な原因は・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ どんな種類がある?
★ 緑内障の手術について
★ 検査の方法について
★ 点眼薬について
★ 予防方法のご紹介
★ 日常生活での注意点